松福幼児学園キッズコート天王寺「苦情解決制度」

1.苦情解決制度とは

平成12年6月の社会福祉法の制定で事業者は利用者からの苦情の適切な解決に努めなければならないことになりました。
その具体的な内容として、
1、苦情解決責任者の明確化  2、苦情受付担当者の任命  3、第三者委員の設置
が求められています。松福幼児学園キッズコート天王寺では、苦情解決責任者は施設長、苦情受付担当者は主任があたり、第三者委員に保育園での対応に納得がいかない場合には、第三者的立場で苦情を聞いてもらうことができます。また、第三者委員は苦情解決責任者への助言、その苦情改善状況等の報告を聴取することになっています。
一方、保育園において苦情が解決できない場合は、大阪府社会福祉協議会に設置されている運営適正化委員会に申し立てることができます。
そして、ここで言う苦情とは、保育園で提供されるサービスに係る①支援の内容に関するもの、②利用契約の締結、履行又は解除に関するものです。
なお、松福幼児学園キッズコート天王寺では下記の方に「第三者委員」を委嘱しています。

第三者委員

 ◆第三者委員◆

 ・山本 昭乃 :

 ・

大阪府社会福祉協議会「運営適正化委員会」

専用電話 06-6191-3130

2.平成30年度 松福幼児学園キッズコート天王寺における苦情内容

苦情件数

苦情は 2 件でした。

苦情受付け内容

苦情受付月  : 4月
申し立て者  : 5歳児保護者
内容     : 電車が人身事故延長の時間を越えてしまい保育園には遅れることを連絡を入れた。
         お迎え時に保育士から、ペナルティーが発生する等と脅されるような事を言われた。
         納得がいかないために区役所へも問い合わせした。
処理対応   : 保育士に事実確認を行い発言や対応を改めるよう注意した。
         ペナルティー等は無い事を保護者へお伝えし謝罪する。
                    区役所へも上記の報告を行った。

苦情受付月 : 11月
申し立て者 : 近隣住民
内容    : 自身の所有するマンションの駐車場に園児と保護者が侵入し遊んでおり大変危険である。
        親である保護者もこども達に注意もせず、こどもそっちのけで立ち話をしていた。
        カメラで撮影された映像を元に保護者・園児に注意をして欲しいと言われる。
処理内容  : 事実確認を行い当該保護者へは説明し注意する。
        マンションオーナーへ保護者への対応を説明し、保護者からも謝罪されていたことを伝える。
        園側としても 園だより などで注意喚起し当該園児にも担任より注意してもらった。

保育所としての対応

苦情は、2件でした。
このことを真摯に受け止めて、今後も安心・安全の保育園運営を目指してまいります。